先日、西宮を流れる夙川でウナギの稚魚を捕まえました!

 

 

 

 

 

 

最初にウナギを発見したのは、その前の週末、夙川の河口付近で子供と川に入って遊んでいた時でした。
カニを捕まえたりして遊んでいると、石の下になにやらニョロっとした妙な魚が・・・。

ウナギやん!!!

私が小学校くらいの頃、河口付近でお兄さん達がウナギを獲っていた記憶はあったのですが、今でもまだウナギが住んでいたんですね。
なんとか捕まえようと頑張ったのですが、さすがに素手でウナギは無理でした。

そこで翌週、網を持って同じ場所へ向かい、再チャレンジ。
必死になってあっちこっち探し、頑張った結果、ついに捕獲成功!!

 

 

 

 

 

 

 

虫や魚獲りは子供の頃から好きですが、ウナギを獲ったのは人生初です。
子供の為にと思っての再チャレンジでしたが、私が一番喜んでいた気がします。

自宅に戻り、20センチオーバーになってしまった夜店の金魚の水槽へ。
金魚たちはちょっと驚いていましたが、ウナギの稚魚はユラユラ泳いでなんとも可愛らしく、子供達も大喜びでした。

が、翌日の夜になって、どうも姿が見えない・・・。
隠れ上手なので、浄水フィルターの中や石ころの隙間に潜り込んでいるのかと思い探してみましたが、姿が見えず・・・。

翌々日、恐る恐る水槽の載っていたサイドボードをずらしてみると、ウナギさんが床の上で亡くなっておりました・・・。
水槽の上蓋のどこかの隙間から、逃げ出していたんですね。

ウナギを飼う上で最大の注意点は“脱走防止”、と分かっていたつもりでしたが、私の管理が甘かったようです。
まだ小さかったウナギさん、本当に可哀想な事をしてしまいました。

西宮という都会にまだウナギが生息していた事を喜ぶ一方、わずか2日で命を落とさせてしまった事を大いに反省した次第です。